がまたろうのブログ

次の一手を行動するためのメディア

*

○リクナビエージェントの模擬面接を受けてきた このままだと100%面接受からないな○

      2015/10/11

転職活動を一旦辞めていましたが
あと1社残っていたことに気づきました

がまたろうです。

*******************

ということでその1社の内定を目指すため
リクナビエージェントの模擬面接を受けてきました

というのも今のところ4社面接を受けていて
全部落ちているんですよね・・

そして模擬面接の結果は

ボロボロでした・・
もう、おもしろいくらいに

「100%落ちるな、こりゃ」
といった具合です

模擬面接の質問内容は
・自己紹介
・転職理由
・志望動機

の3点でした

私は今回、他業種志望だったので
それ故につまずいた箇所などを
説明していきたいと思います

自己紹介は面接の流れを決める

私は自己紹介を
・経歴
・現在している仕事
を話したのですが

している仕事の話だけでは
相手に質問内容をゆだねてしまうとのこと
面接の流れをつくるための種まきが必要だと言われました

仕事のモットー、心がけていること
などを最後にひとこと付け加えるといいそうです

例えば、私が志望している会社はインフラの構築をしているため
ユーザーに対しての思いを取り込むと
あとで面接官も質問をしやすくなるらしい

「私はユーザーがどうすればもっと快適に過ごせるかを考えながら仕事に取り組んでいます」
などのことを付け加えると
面接官が質問しやすくなり、自分の話題が広がります

転職理由はその会社だからできることを意識する

転職理由は
・なぜその会社なのか
・なぜその業種なのか
を明確にすることが大事です

例えば、私が志望する会社は
インフラを構築しているため、こんな感じに

私は、御社でインフラを構築することで
・より多くのユーザーを
・安全で
・快適に
生活できるように努めます
(本当はもっと具体的な内容が必要)
なぜなら私は〜のような経験をしたからです

といったようになぜその会社、業種でなければならないか
その1点について簡潔に答ることができるかにかかっています。
もし、面接官がさらに詳しくその内容について知りたければ質問をしてくるでしょうし、
質問されなければ最後の質問の時に話しましょう!

転職理由を5W1Hでさらに深ぼりする

5W1Hを使って内容を深ぼりしましょう
「ユーザーを快適に」であれば

・ユーザーをなぜ快適にするのか
・ユーザーはいつ快適になるのか
・ユーザーは何を求めているのか
・ユーザーはどこで利用するのか
・ユーザーとのエピソードは
など自分に質問を投げかけます

質問の回答に困るのであれば自己分析をする必要があります

結論はまず最初に言う、これは面接の鉄則

面接はいかに自分の思いを面接官に伝えるかが重要です
それには話す順序が重要になってきます

転職理由
・結論(御社で〜したい)
・自分のエピソードを加える
志望動機
・やりたいことを最大限に活かすことができる

質問に対しては結論から答えること
そして回答の内容はシンプルに

私は不安になっていろんなコメントを付け足してしまいがちなのですが
面接官に伝えたい言葉はそこまで多くないはず

よりすぐりの言葉で簡潔に返答しましょう

面接は恋愛に置き換えるとわかりやすい

面接ってどうも恋愛に似ているみたいです
転職理由は
なぜ元カノではダメなのか
新しい彼女の何がいいのか
みたいな感じで

そして志望動機は告白のようなもの
他の女の子ではなくて、なぜ彼女なのか
といった感じです

だって、お金をたくさん持っているから
と思って告白されるのは嫌じゃないですか!

このように恋愛に置き換えると
転職活動ももっと深く企業について考えられるようになるかもしれません

最後に1つ、声は大きくね!!

声が小さいと注意されてしまいました

自分で喋っていると声の大きさってわかりませんよね・・
今度、自分でビデオを撮って
自分を見つめ直す必要がありそうです

面接まであと3日
100%落ちる状態から
どこまで合格率を上げていけるか
自己分析の正念場に差し掛かっています

*******************


I like this music 🙂

“Coldplay – Clocks”

ひとことコメント:
このピアノのメロディが心地いい

朝活リンク
東京朝活交流会 そうだ、朝活へ行こう!

同郷人ブログ
ほーくブログ

 - 転職