がまたろうのブログ

次の一手を行動するためのメディア

*

*農業が熱い!新・農業人フェアで新境地を見出そう*

      2015/12/28

自然が恋しくなり

地元へのUターンを考え中です

実は転職活動は中断しています
IT業界に興味が湧かないんですよね

がまたろうです。
●ー◎ー●ー◎ー●ー◎ー●ー◎ー●ー◎ー●ー◎ー●ー◎ー●ー

そ・こ・で
新・農業人フェアに参加してきました

農業が盛り上がっている!
ブース数213、講演もみっちりの新・農業人フェア

会場は池袋のサンシャインシティ内だったので会場がとても広い!
講演の会場は別の部屋に設けられていたくらいです
ブースの数も213もあり、就農の相談コーナーや各県の農業法人の求人、農林水産省のブースなど
ブースの種類も様々です

このフェアでは講演がたくさん行われて
どれもとても興味深いものでした

わたしが聞いた講演はこの2つ
1.「新たに農業にチャレンジする皆さまに」 ~新規就農者の現状と課題、国の支援策について~
2.「有機野菜だからこそ活かせた自分の営業力」

少し内容を紹介します

悲惨、現在の日本の農業の危機的状況が見えてきた

1は農林水産省の方のお話

今の日本の農業の状況や支援策を話してくれました

農業の統計データを見るだけでも日本の農業がいかに危機に直面しているかわかります
農業就業人口及び基幹的農業従事者数

なんといっても、農業就業人口の年齢平均が65歳を超えているのですから
若者の就業者は微々たるものです

これが、10年後、20年後にどうなるかというと
現在の65歳以上の方がリタイアするために、
農業就業者が半分以上いなくなるということでした

・日本の野菜が食べられなくなる
・耕作放置地が増える
などいろんな問題点がでてきそうです

このような問題点を知って
自分も何かできることはないかと考えさせられました

農業って楽しい!そんな住田さんの話を聞いて農業体験に行きたくなった

2.「有機野菜だからこそ活かせた自分の営業力」

有機栽培をしている住田学さんの講演です
住田さんは5年前に脱サラして、
2年間学校に通った後に独立しました
そして今年で農業を自営して3年目になります

年の売り上げも農業で独立してから500万を超えていて
安定した経営を行っています

住田さんのすごいところは
学校に在学中からすでにお客さんを獲得していたこと
サラリーマン時代は営業職だったため、その営業力を活かしています

私は実際に農業している方の話を聞いて
農業をやってみたいと思い、もっと知りたいと思いました

「体験したい人とか募集中」
と住田さんも話していたので

今度、農業体験に行ってきます!

石川の(公財)いしかわ農業総合支援機構のブースで具体的に農業を始めるための話を聞きました

住田さんの話を聞いていて、農業をやってみたいと思った私は
石川で農業するための話を聞くべく
「いしかわ農業総合支援機構」のブース
に行って参りました

石川には農業施設が揃っているらしい

その1つに「いしかわ農業総合支援機構」という施設があり
「いしかわ耕稼塾」
という研修を行っています

この学校では本科、専科と毎日通って農業を学べる環境が用意されています
農業のやりかたはもちろんですが、
就農のために農業法人の紹介
独立する人には貸してもらう土地の紹介など
就農につまずきやすいポイントをフォローしてくれます

月の負担額も1万円程度

また、青年就農給付金も適用されるため金銭的に厳しいひとでも
研修を受けられる環境が整っています

この金銭面のサポートは大きい!

下手に転職してミスマッチをおこすよりも
じっくり準備できる環境は魅力的に感じでした

●ー◎ー●ー◎ー●ー◎ー●ー◎ー●ー◎ー●ー◎ー●ー◎ー●ー
3時間くらいしかいなかったんですけど
農業の情報が盛りだくさんでした

見るものすべてが新しい!

新聞や記事で見る農業とは異なる一面を見ることができてよかったです

「農業やるってどんな感じなんだろう!?」
ってそんな気持ちが今は湧き上がっています

・農業体験
・就農のやりかた

ここらへんに取り組んでいこうと思います


I like this music 🙂

“Fatboy Slim – Right Here Right Now”
ひとことコメント:たったいま、ここから♪


朝活ブログ(品川):
東京朝活交流会 そうだ、朝活へ行こう!

同郷人ブログ:
ほーくブログ

がまたろう懐かしブログ:
あの頃はまだ、おたまじゃくしだった・・

 - イベント